トップ > 妊娠中の注意 > つわりに対する心構え

おなかの中にいた時のお母さんの心音CDは一生の宝物♪

お腹のなかで赤ちゃんが聞いている母親の心音を録音してプレゼント!

胎児期の母の心音は、『心地良い安心できる音』として胎児の潜在意識や細胞に蓄えられています。 妊娠中の今だけしか残せない貴重な心音を、赤ちゃんに残してあげませんか? きっとそれは究極で最高のプレゼントになるはずです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

つわりに対する心構え

妊娠中の特有の症状としてはつわりがありますが、このつわりが起きる原因は実は現在でも確かなことはわかっていない状況なんです。


「つわり」の原因としての有力な説としては、


○ 妊娠した事によるヒト絨毛性ゴナドトロピンホルモンが影響するという説。
○ 胎児を異物と判断し排除する働きから影響するという説。
○ 精神的要因による自律神経失調症から影響するという説


以上のものがあります。


つわりは、妊娠期間中の妊娠4週〜16週に集中していて、吐き気や嘔吐などの症状をともないます。ただし、つわりの症状や長さなどには個人差があるため、すべての人がつわりの辛さを体験するわけではありません。


つわりの期間中はとにかく気持ちが悪いので、ごはんも何も食べられない状態になることも珍しくありませんが、お腹の赤ちゃんには影響しないので無理に何かを食べなくても大丈夫です。


また、つわり中は臭いに敏感になったり、特定の食べ物が食べられなくなる、逆に食べたくなるなどの症状もあります。こうしたからだの変化に精神的作用が大きく影響するのでできるだけ精神的不安要素のない環境で過ごすが大事です。


一般的には、妊娠12週以降になると、かなりつわりは軽くなります。つわりの症状があまりにも重い場合は妊娠悪阻の疑いがあるので病院へいってください。


つわりは母親になるための通過儀礼とわりきって気分転換を図るために外出したり、気の合う仲間とおしゃべりを楽しんだり、実家でのんびり過ごすなど、のんびりとくつろげる環境で、この時期を乗り切ることをおすすめします。

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。
関連記事

妊娠線対策:太らないこと・クリームを塗ること

妊娠・出産するとプロポーションが崩れるとはよくいわれますが、同時に妊娠線も気にな...

子宮外妊娠の恐怖・症状と治療法

子宮外妊娠とは子宮以外の場所に着床、妊娠してしまうことです。 全妊娠のうち1%が...

妊娠中の出血の種類と特徴

妊娠中の出血はびっくりしますが、必ずしも深刻なものになるわけではありません。だか...

妊娠中毒症:妊娠高血圧症候群(正式名称)

妊娠中毒症は妊娠中の特有の病気です。症状として高血圧・むくみ・たんぱく尿などがあ...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。2008年07月15日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。2008年07月11日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。2008年07月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。2008年07月03日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索