トップ > 妊娠中の注意 > 妊娠中のタバコの弊害

おなかの中にいた時のお母さんの心音CDは一生の宝物♪

お腹のなかで赤ちゃんが聞いている母親の心音を録音してプレゼント!

胎児期の母の心音は、『心地良い安心できる音』として胎児の潜在意識や細胞に蓄えられています。 妊娠中の今だけしか残せない貴重な心音を、赤ちゃんに残してあげませんか? きっとそれは究極で最高のプレゼントになるはずです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊娠中のタバコの弊害

世界的に禁煙の動きが広がっていますが、こと日本に関しては若い女性の喫煙が増えている状況だということで、妊婦共々、胎児や赤ちゃんには大きな問題となります。

妊娠中は喫煙はもちろん間接喫煙にも気をつける必要があります。

胎児にとって特に有害なのは、


○ ニコチン

微量でも猛毒。血管を収縮させて、血液の流れを悪くし動脈硬化を促進させ、心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患にかかりやすくなります。

○ タール

数十種類近くの発がん性物質が含まれています。


○ 一酸化炭素

赤血球中のヘモグロビンと結びついて、酸素を運搬する働きを妨害するため、慢性的に脳細胞や全身の細胞に酸素欠乏状態をもたらし、ニコチンの血管収縮作用と重なって、心臓を養っている冠状動脈や脳血管の動脈硬化を促進します。


胎児と妊婦は、胎盤でつながっています。超音波などで見ると妊婦が喫煙すると胎児が如実に苦しむ様子がわかります。胎児に毒を注入しているわけですから当然です。

喫煙や間接喫煙が及ぼす胎児への影響でわかっているものは、

○ 低出生体重児
○ 早産
○ 出血
○ 破水の異常
○ 前置胎盤
○ 常位胎盤早期剥離
○ 周産期死亡

以上のように妊婦がたばこを吸っていると、胎児の栄養が不良となり、いろいろな妊娠・出産の異常や新生児異常が起こりやすくなります。

また、吸ったタバコの影響は出産後の母乳にも現われます。具体的には母乳に分泌されるニコチンの濃度が母親の血液中の濃度より高くなり、結果として母乳を飲んだ新生児に、いらいらしたり、よく眠らない、下痢、嘔吐、頻脈など、ニコチン中毒の症状がみられることも報告されています。

女性にとっての喫煙は、自分ひとりだけの問題ではないということですね。妊娠・出産・育児にも影響しますので、出来る限りというより禁煙するようにしてください。

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。
関連記事

妊娠線対策:太らないこと・クリームを塗ること

妊娠・出産するとプロポーションが崩れるとはよくいわれますが、同時に妊娠線も気にな...

子宮外妊娠の恐怖・症状と治療法

子宮外妊娠とは子宮以外の場所に着床、妊娠してしまうことです。 全妊娠のうち1%が...

妊娠中の出血の種類と特徴

妊娠中の出血はびっくりしますが、必ずしも深刻なものになるわけではありません。だか...

妊娠中毒症:妊娠高血圧症候群(正式名称)

妊娠中毒症は妊娠中の特有の病気です。症状として高血圧・むくみ・たんぱく尿などがあ...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。2008年07月15日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。2008年07月11日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。2008年07月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。2008年07月03日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索