トップ > 妊娠中の注意 > 妊娠中の出血の種類と特徴

おなかの中にいた時のお母さんの心音CDは一生の宝物♪

お腹のなかで赤ちゃんが聞いている母親の心音を録音してプレゼント!

胎児期の母の心音は、『心地良い安心できる音』として胎児の潜在意識や細胞に蓄えられています。 妊娠中の今だけしか残せない貴重な心音を、赤ちゃんに残してあげませんか? きっとそれは究極で最高のプレゼントになるはずです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊娠中の出血の種類と特徴

妊娠中の出血はびっくりしますが、必ずしも深刻なものになるわけではありません。だからといって自己判断するのはもしものことがありますので医師に診てもらうほうがいいです。


だいたい2〜3割の妊婦さんが出血を経験するそうで、原因としては


○ 着床出血
○ 妊娠月経
○ 絨毛性出血
○ 子宮頚管ポリープ
○ 膣炎
○ 膣びらん(子宮内の粘膜がめくれてただれてしまうこと)
○ 子宮外妊娠


妊娠中の出血症状について、多いのが「膣びらん」です。内診の後やセックスの後、激しい運動の後に出血しやすくなります。


また、絨毛性出血(絨毛膜下血腫)も子宮壁から胎盤がはがれることによって起こる出血ですが、妊娠初期に多く見られるのが特徴で4〜5ヶ月目には落ち着くのでたいしたことはありません。


以上が妊娠中の出血でもさほど問題がないものです。


子宮外妊娠とは、受精卵が子宮内膜以外に根をはってしまうことです。子宮外妊娠そのものは場所にもよりますが卵管破裂という命にかかわるケースもあります。


軽い出血が間隔をおいてあったり持続したりします。出血量は少なく激しい腹痛があるのが特徴です。


最後に常位胎盤早期剥離。これはは妊娠中または分娩時に、正常位置に付着している胎盤がはがれてしまうことです。胎盤がはがれる面積が広がると大量の出血がおこり危険な状態になります。

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。
関連記事

妊娠線対策:太らないこと・クリームを塗ること

妊娠・出産するとプロポーションが崩れるとはよくいわれますが、同時に妊娠線も気にな...

子宮外妊娠の恐怖・症状と治療法

子宮外妊娠とは子宮以外の場所に着床、妊娠してしまうことです。 全妊娠のうち1%が...

妊娠中の出血の種類と特徴

妊娠中の出血はびっくりしますが、必ずしも深刻なものになるわけではありません。だか...

妊娠中毒症:妊娠高血圧症候群(正式名称)

妊娠中毒症は妊娠中の特有の病気です。症状として高血圧・むくみ・たんぱく尿などがあ...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。2008年07月15日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。2008年07月11日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。2008年07月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。2008年07月03日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索