トップ > 妊娠中の注意 > 妊娠中の旅行における注意点

おなかの中にいた時のお母さんの心音CDは一生の宝物♪

お腹のなかで赤ちゃんが聞いている母親の心音を録音してプレゼント!

胎児期の母の心音は、『心地良い安心できる音』として胎児の潜在意識や細胞に蓄えられています。 妊娠中の今だけしか残せない貴重な心音を、赤ちゃんに残してあげませんか? きっとそれは究極で最高のプレゼントになるはずです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊娠中の旅行における注意点

妊娠中だからといって人生の楽しみを我慢することはありません。子育てに時間をとられる前に旅行へいくなんていうことも大切だと思います。


旅行をするなら、胎盤の安定した妊娠16週以降でなおかつ経過が順調であることが大事です。ただし、ちょっとした環境の変化などが,きっかけとなって体のトラブルが起こりやすいので遠距離の帰省、海外旅行などの場合は、事前に医師に相談してからにしましょう。


ほとんどのケースで妊娠中の旅行は体調が安定していて、お腹が大きくなる手前の妊娠5〜7カ月が多くなります。ただし、トラブルが起こりやすい、つわりの最中や体調が良くない時、いつお産が始まってもおかしくない36週(妊娠10カ月)に入ったら避けるべきでしょう。


さて、次は実際に旅行するときの注意点です。


■ スケジュールは、時間ではなく、体調に合わせて動けるようにゆとりを持たせることが大切です。

■ 妊娠中は、知らず知らずに疲れていることがあるので集団行動が中心のツアータイプの旅行は避けた方が無難です。

■ 移動手段も、乗物の特徴や距離、時期や時間帯などから考慮して肉体的にも精神的にも疲れない手段を選ぶことが大事です。

■  水分をこまめに取り、トイレは我慢せず、同じ姿勢が長時間続かないように注意してください。

■ 母子健康手帳と健康保険証は、常に携帯することを心がけてください。


もし、旅行中に出血などの急なトラブルに見舞われた場合は、あなたの妊娠経過を熟知している主治医に連絡し、適切な指示を仰ぐようにしてください。もし可能であれば、事前に宿泊する所の近くにある産婦人科や、救急病院なども調べておくと安心だと思います。

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。
関連記事

妊娠線対策:太らないこと・クリームを塗ること

妊娠・出産するとプロポーションが崩れるとはよくいわれますが、同時に妊娠線も気にな...

子宮外妊娠の恐怖・症状と治療法

子宮外妊娠とは子宮以外の場所に着床、妊娠してしまうことです。 全妊娠のうち1%が...

妊娠中の出血の種類と特徴

妊娠中の出血はびっくりしますが、必ずしも深刻なものになるわけではありません。だか...

妊娠中毒症:妊娠高血圧症候群(正式名称)

妊娠中毒症は妊娠中の特有の病気です。症状として高血圧・むくみ・たんぱく尿などがあ...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。2008年07月15日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。2008年07月11日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。2008年07月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。2008年07月03日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索