トップ > 妊娠中の注意 > 妊娠中の薬の服用:奇形児の可能性

おなかの中にいた時のお母さんの心音CDは一生の宝物♪

お腹のなかで赤ちゃんが聞いている母親の心音を録音してプレゼント!

胎児期の母の心音は、『心地良い安心できる音』として胎児の潜在意識や細胞に蓄えられています。 妊娠中の今だけしか残せない貴重な心音を、赤ちゃんに残してあげませんか? きっとそれは究極で最高のプレゼントになるはずです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊娠中の薬の服用:奇形児の可能性

薬が胎児に最も影響しやすい時期は、妊娠4週から10週までの間といわれていて10週以降になると薬の影響を受けにくくなるというのが通説です。


現在売られている市販薬は、催奇形性について調べることが義務付けられていて、実験や臨床試験を通して、副作用よりも効能のメリットのほうが高いと判断されたものなので、指定された服用方法を守ってさえいれば胎児に影響するということはまずないです。


しかし、どんな薬でも、100パーセント安全と言い切れるものはないので薬を服用する際は産婦人科の医師に相談するようにしましょう。


持病の薬を服用している場合でも、妊娠中に飲んでもよいかどうか、必ず産婦人科の医師に相談して自己判断で薬を飲むのは、どんな場合でも避けましょう。


話が戻りますが、妊娠4週〜10週までの間に効き目の強い薬などを服用するのは胎児に影響(奇形が生じる)する可能性がごくわずかですがあります。


そのため薬を飲んでしまってから心配するということがあるのでよ普段から、妊娠の可能性のある時期の薬の服用は、控えたほうがいいのは確かです。


なお、漢方薬や健康食品であっても妊娠中に飲んではいけない成分もありますので、必ず医師に相談するようにしてください。

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。
関連記事

妊娠線対策:太らないこと・クリームを塗ること

妊娠・出産するとプロポーションが崩れるとはよくいわれますが、同時に妊娠線も気にな...

子宮外妊娠の恐怖・症状と治療法

子宮外妊娠とは子宮以外の場所に着床、妊娠してしまうことです。 全妊娠のうち1%が...

妊娠中の出血の種類と特徴

妊娠中の出血はびっくりしますが、必ずしも深刻なものになるわけではありません。だか...

妊娠中毒症:妊娠高血圧症候群(正式名称)

妊娠中毒症は妊娠中の特有の病気です。症状として高血圧・むくみ・たんぱく尿などがあ...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。2008年07月15日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。2008年07月11日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。2008年07月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。2008年07月03日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索