トップ > 妊娠中の注意 > 妊娠中の運動不足と腰痛を解消する体操

おなかの中にいた時のお母さんの心音CDは一生の宝物♪

お腹のなかで赤ちゃんが聞いている母親の心音を録音してプレゼント!

胎児期の母の心音は、『心地良い安心できる音』として胎児の潜在意識や細胞に蓄えられています。 妊娠中の今だけしか残せない貴重な心音を、赤ちゃんに残してあげませんか? きっとそれは究極で最高のプレゼントになるはずです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊娠中の運動不足と腰痛を解消する体操

妊娠中は、身体も重く、気分も乗らないので運動不足になりがちです。


しかし、妊娠中に太り過ぎてしまうと難産につながりますし、お産に備えての体力と筋力をある程度鍛えておかないといけません。


そんななかで妊婦体操は、身体にも負担はかかりませんし、気持ちの良い程度のストレッチですので、運動が苦手な妊婦さんでも簡単にできる運動になります。


妊婦体操の指導や教室は、自治体の保健所・保健センターや産婦人科病院などで主に行っていますが、妊娠中の運動は、自己判断に頼らずに産婦人科医師と相談しながら行うことが望ましいと思います。


また妊娠中のトラブルで多い腰痛対策も考えないといけません。妊娠中は、常に腰の筋肉に負担がかかっているのです妊婦さんは腰痛になりやすいわけですがまずは姿勢を正しくすることからはじめましょう。


歩く時は、姿勢良く背筋を伸ばし、お腹を出し過ぎないようにして歩きます。靴はヒールの無いものにしたほうが安全だと思います。


また、家の中では中腰になることも多いと思いますのが、できるだけ背筋を伸ばして正しい姿勢を心がけてください。


一日に終わりに腰痛予防やケアとしてネコのように、四つ這いの姿勢で背中を丸めたり、背骨を反らしたりを繰り返すストレッチや仰向けに寝て両ひざを立て、握りこぶしで腰の気持ちよい部分を押しながら、両ひざを左右交互に倒して腰をひねる体操も効果があります。

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。
関連記事

妊娠線対策:太らないこと・クリームを塗ること

妊娠・出産するとプロポーションが崩れるとはよくいわれますが、同時に妊娠線も気にな...

子宮外妊娠の恐怖・症状と治療法

子宮外妊娠とは子宮以外の場所に着床、妊娠してしまうことです。 全妊娠のうち1%が...

妊娠中の出血の種類と特徴

妊娠中の出血はびっくりしますが、必ずしも深刻なものになるわけではありません。だか...

妊娠中毒症:妊娠高血圧症候群(正式名称)

妊娠中毒症は妊娠中の特有の病気です。症状として高血圧・むくみ・たんぱく尿などがあ...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。2008年07月15日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。2008年07月11日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。2008年07月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。2008年07月03日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索