トップ > 妊娠中の注意 > 妊娠中毒症:妊娠高血圧症候群(正式名称)

おなかの中にいた時のお母さんの心音CDは一生の宝物♪

お腹のなかで赤ちゃんが聞いている母親の心音を録音してプレゼント!

胎児期の母の心音は、『心地良い安心できる音』として胎児の潜在意識や細胞に蓄えられています。 妊娠中の今だけしか残せない貴重な心音を、赤ちゃんに残してあげませんか? きっとそれは究極で最高のプレゼントになるはずです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊娠中毒症:妊娠高血圧症候群(正式名称)

妊娠中毒症は妊娠中の特有の病気です。症状として高血圧・むくみ・たんぱく尿などがありますが、ひどくなると胎盤の早期剥離、脳出血、腎障害などが起こり、母体の生命に関わることもあります。


妊娠中毒症は胎児にも影響を及ぼすため早産や死産ということも珍しくありません。これは母体の血管が収縮して血液の循環が悪くなるためで胎児に十分な血液が送られなくなるからです。


また、妊娠中毒症は自覚症状の無い病気ともいわれているように血圧が上昇しても体調の変化が無い限り気づく事はありません。


なぜ妊娠中毒になるのか?この妊娠中毒症の原因は現代医療でも明確な原因は判明していません。ただ、複数考えられる原因の一つに「血管内の凝固」という説があります。


今のところ

○ 睡眠や休息をしっかりとり体に負担をかけ過ぎないこと
○ バランスのよい食事を心がけること、
○ 塩分は控えること
○ 太りすぎに注意すること

などが妊娠中毒症の予防策といわれます。


2005年より「妊娠中毒症」は、「妊娠高血圧症候群」というのが正式名称になっています。これは中毒症」という「原因毒」が存在するわけではないからということが理由でしょう。


お伝えしたとおり妊娠中毒症は妊婦にとっては非常に恐ろしいものです。妊娠中は注意が必要です。

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。
関連記事

妊娠線対策:太らないこと・クリームを塗ること

妊娠・出産するとプロポーションが崩れるとはよくいわれますが、同時に妊娠線も気にな...

子宮外妊娠の恐怖・症状と治療法

子宮外妊娠とは子宮以外の場所に着床、妊娠してしまうことです。 全妊娠のうち1%が...

妊娠中の出血の種類と特徴

妊娠中の出血はびっくりしますが、必ずしも深刻なものになるわけではありません。だか...

妊娠中毒症:妊娠高血圧症候群(正式名称)

妊娠中毒症は妊娠中の特有の病気です。症状として高血圧・むくみ・たんぱく尿などがあ...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。2008年07月15日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。2008年07月11日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。2008年07月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。2008年07月03日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索