トップ > 妊娠中の注意 > 妊娠線対策:太らないこと・クリームを塗ること

おなかの中にいた時のお母さんの心音CDは一生の宝物♪

お腹のなかで赤ちゃんが聞いている母親の心音を録音してプレゼント!

胎児期の母の心音は、『心地良い安心できる音』として胎児の潜在意識や細胞に蓄えられています。 妊娠中の今だけしか残せない貴重な心音を、赤ちゃんに残してあげませんか? きっとそれは究極で最高のプレゼントになるはずです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊娠線対策:太らないこと・クリームを塗ること

妊娠・出産するとプロポーションが崩れるとはよくいわれますが、同時に妊娠線も気になるところですよね。


妊娠線ができる仕組みとしては、急激に大きくなるお腹のスピードに皮膚がついていけず、亀裂が生じてしまうことが原因です。


一度できてしまうと元にもどることがないので妊娠線ができないように対策を取りたいところです。


妊娠線予防としては専用のクリームが妊娠線対策の方法として有名ですが体重が増えて皮下脂肪がつき、妊娠線が出来やすくなるということを意識していない人が意外に多いです。


ただでさえ、おなかの赤ちゃんが大きくなるにつれてお腹に負担がかかるわけですから余計な脂肪をつけてお腹の皮膚に負担をかけないようにすることが大切なのです。


ということで妊娠線の予防についてまとめますと・・・


第一、体重管理をして急激に体重が増えないように注意する
第二、クリームなどで肌を保湿して乾燥を防ぐようにする。


食事はバランスよく、カロリーの高いものは控え、体重増加を抑えるようにしましょう。
体重増加の目安は、だいたい10キロ未満です。


また、妊娠中はホルモンのバランスが崩れて、カサついたりかゆくなったりします。ですから常に潤って皮膚が伸びやすい状態をキープすることが妊娠線予防になります。


妊娠線は産後も残るものなので、早めのケアを心がけましょう。


この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。
関連記事

妊娠線対策:太らないこと・クリームを塗ること

妊娠・出産するとプロポーションが崩れるとはよくいわれますが、同時に妊娠線も気にな...

子宮外妊娠の恐怖・症状と治療法

子宮外妊娠とは子宮以外の場所に着床、妊娠してしまうことです。 全妊娠のうち1%が...

妊娠中の出血の種類と特徴

妊娠中の出血はびっくりしますが、必ずしも深刻なものになるわけではありません。だか...

妊娠中毒症:妊娠高血圧症候群(正式名称)

妊娠中毒症は妊娠中の特有の病気です。症状として高血圧・むくみ・たんぱく尿などがあ...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。2008年07月15日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。2008年07月11日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。2008年07月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。2008年07月03日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索