トップ > 妊娠8ヶ月 > 妊娠30週目

おなかの中にいた時のお母さんの心音CDは一生の宝物♪

お腹のなかで赤ちゃんが聞いている母親の心音を録音してプレゼント!

胎児期の母の心音は、『心地良い安心できる音』として胎児の潜在意識や細胞に蓄えられています。 妊娠中の今だけしか残せない貴重な心音を、赤ちゃんに残してあげませんか? きっとそれは究極で最高のプレゼントになるはずです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊娠30週目

妊娠30週目を迎える頃には、胎動を感じる機会が少なくなると思います。というのも羊水のなかで自在に動いていた胎児は、次第に姿勢が定まり、頭を下に向けた状態(正常位)に落ちつくからです。


ただし、胎動がまるでなくなるわけではなく、ひとつひとつの胎動が強烈になります。^^胎児も骨格がほぼ完成して筋肉や神経系統の動きも活発だからなんですけどね。


妊娠30週目になって気にかけたいことのひとつが逆子なんですが、超音波検診で逆子であることがわかれば安産のためにも逆子直しの体操をすることをおすすめします。


逆子体操は主に2種類、「逆子体操」「ブリッジ法」があります。妊娠30週以降、夜寝る前に行いますが、おなかが張るようならやめてください。いずれもおしりを高く上げることで、赤ちゃんを骨盤からずらして、回転させやすくするのが目的になります。


また、妊娠線で悩む方もでてくるでしょう。妊娠8ヶ月に入ると甘いものが食べたくなって、その結果、急激に太ることで妊娠線ができるということがあります。急激な食欲をどう抑えるかがポイントになります。

この記事のカテゴリーは「妊娠8ヶ月」です。
妊娠8ヵ月(28週から31週)いよいよ妊娠生活も終盤です。おなかの赤ちゃんは身長が 40〜44センチ程度、体重も1500グラム程度に成長しています。 人間としての姿や五感はかなり発達していて、お腹の外で起こっていることを感じることが できます。例えば母親がはげしく動揺したり、旦那さんと喧嘩する、あるいは何か大きな音 がするとおなかの赤ちゃんもビックリ反応します。 このように妊娠8ヶ月は胎児も大きくなり、よく動くようになっているのでかなりの胎動を感じる ことができます。もしこの時期に逆子であることがわかれば、逆子体操をしてみるのも良いと 思います。 妊娠8ヵ月になると母体への負担は相当に大きくなります。腹部の皮膚が伸ばされて、妊娠線が できるのもこの頃です。子宮が収縮しているため腹部に張りを感じることが多くなります。 お腹が張り、体のバランスも悪くなります。足元も見にくくなるということで転倒に注意して ください。それから引き続き蛋白尿・高血圧・むくみ(浮腫)などの妊娠中毒症にも、注意する ようにしてください。
関連記事

妊娠31週目

妊娠31週目が終わるころにはすでにお腹の胎児の大きさは身長が約43cm、体重は約...

妊娠30週目

妊娠30週目を迎える頃には、胎動を感じる機会が少なくなると思います。というのも羊...

妊娠29週目

妊娠29週目ともなると、胎児にも60兆個の細胞ができあがり、細胞数だけみると大人...

妊娠28週目

妊娠28週目から妊娠生活も8ヶ月目がスタートです!いよいよ妊娠生活も後半戦といっ...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。2008年07月15日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。2008年07月11日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。2008年07月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「妊娠中の注意」です。2008年07月03日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索